今日、yuica認定日本産精油インタープリターの受講最終日でした。

全12回の講座は終わってしまえばあっという間でした。 

担当してくださった先生がまた面白い方で授業中に眠くなるってことが一度もないくらい楽しかったです。

受講の中で感心したのは昔の人は理にかなった生活をしていたことです。

・ヒノキの葉っぱは抗菌効果があるため魚や肉の保存のために下にしいていた。
・アスナロはシロアリなどを寄せ付けないため建築の材料にも重宝されていた。
・ミズメザクラの樹皮を張ると肩こりにいいという木こりの言い伝え。

昔はそれぞれの葉っぱや木の成分は分からないのに適材適所に使い分けていたと言うあたり本当にすごいことです。

私もこれから和精油を適材適所で使い分けて生活に取り入れていきたいと思います。

さて、来週はいよいよyuica認定日本産精油インタープリターの修了テストがあります!

あと一週間、猛勉強せねば!