芳香療法 sayori 〜自然と共に生きる〜

日本の森から生まれたyuicaの和精油とライスキャリアオイルを使ってアロマトリートメントを行っています。

2016年10月

先日、久万高原町でのクロモジ体験ツアーでお土産に頂いたクロモジ精油(枝・葉)。

やはりyuicaのクロモジ精油(枝・葉)とはまた違った香りがしました。

香りって産地やクロモジの種類によっても変わるんですよね。

yuicaのクロモジ精油は優しくてリラックスできる感じの香りで、久万高原町のクロモジ精油はスッキリ感と渋みのある香りの印象でした。

クロモジは葉の部分の含油率が高いと上浮穴高等学校の生徒さんが報告していたこともあり、葉の精油の成分が多くなりスッキリとした香りが強くなったのかなと思います(私なりの考察)。

他にも今回はクロモジの葉、枝、幹のそれぞれの精油の香りも体験できました。葉は覚醒作用のある成分が多く含まれ、枝や幹にはリラックス作用のある成分が多く含まれているそうです。

私は今回の体験時には葉のみの精油の香りが気に入りました。

葉のみの精油はスッキリとして清々しい気分になれました。何か自分の中で覚醒したいことがあったのかもしれませんね(笑)



昨日は愛媛県立上浮穴高等学校 主催の『第2回森のハーバルライフ クロモジ体験ツアー 』に参加してきました。

5月のハーブサミットで久万高原町にてクロモジが採れることを知り、ずっとクロモジのある森に行ってみたい、実物を見てみたいと思ってました。

今回のクロモジ体験ツアーの募集を見つけた瞬間、即参加を決定。

当日は雨の心配もありましたが、なんとか雨も降らずに体験ツアーを終えることができました。

それにしても今回のクロモジ体験ツアーは本当に楽しかったし何かと勉強にもなりました。

上浮穴高等学校の森林環境科の取り組みについても紹介がありました。

クロモジの研究から商品開発までされていて「あれ⁉︎ ここは高校じゃなく会社だっけ⁉︎」って思えるほどの報告を聞くことができました。

これからも久万高原町の特産品としてクロモジを発信していってほしいですね。

愛媛県立上浮穴高等学校の生徒さん&先生方ありがとうございました。

最後にツアー内容についてもご紹介します。




☆ クロモジ体験ツアー ☆

まずは久万高原町の森へクロモジを採りに行きました。

image

クロモジって日陰を好むので日に当たりすぎると葉焼けするそうです。

葉っぱや茎に黒い点々がありモジを書いてあるように見えるため黒文字(クロモジ)と言われており、本物を見て納得です。

時期的にクロモジの実も見ることができました。


次に学校へ戻り採ってきたクロモジを粉砕するのかと思いきや、2〜3日前に採っておいたクロモジを粉砕するとのことでした。

image
フレッシュな葉や枝は粉砕機に絡まりやすく粉砕が難しいそうです。

粉砕したてのクロモジはすごく香りが良く精油よりもこちらのほうが自然な香りでした。


次に教室へ行き粉砕したクロモジを蒸留器にかけます。


水蒸気蒸留器蒸留法で抽出します。

蒸留中は昼休憩でお弁当を頂きました。

土居さんという方のお弁当らしく地元の方が「ここのお弁当は美味しいんですよー」って教えて頂きました。

午後は蒸留が出来上がるまで石けん作りをしました。

私はクロモジの葉から抽出された精油を香りづけに使いました。

さらにクロモジを細かく粉砕して粉にしたものも石けんに入れてくれました。


そうこうしていると蒸留が終わり精油が出来上がりました。

今回は5㎏のクロモジ(枝・葉)から18mlの精油が抽出できました。

この量は今まで抽出した中でも多かったそうです。

でも、抽出できる精油量が少ない分、やはり高価な精油になるのも納得ですね。

お土産も頂きました❤︎

今日は友人の出産祝いに行ってきました。

生後1ヶ月すこしの男の子で赤ちゃんって本当に可愛いですよね❤︎

ぷにぷに感がたまりません。

そして。

久々に北条方面に行ったので私の大好きな北条の海を見に行ってきました。

鹿島では『Love Song フェスティバル』が開催されており、『花*花』がゲストで来ていて懐かしい曲も聴くことができました♪

大好きな海を見ながら生歌を聴くって幸せな時間やなぁとしみじみ感じましたね。

かなり癒されたので明日からまた頑張れそうです!






このページのトップヘ