芳香療法 sayori 〜自然と共に生きる〜

日本の森から生まれたyuicaの和精油とライスキャリアオイルを使ってアロマトリートメントを行っています。

2016年05月

全国ハーブサミット in 久万高原 では久万高原町での取り組みも紹介されていました。

愛媛県立上浮穴高校では久万高原町に自生するクロモジを新しい産業の基盤にと、久万広域森林組合とコラボし、研究試作されているのが精油やアロマウォーターなどのクロモジ製品だそうです。

image

まず身近にクロモジが生息していたことに驚きました。

そしてクロモジって実は仲間がいたんですね。

ケクロモジ
ウスゲクロモジ(ミヤマクロモジ)
シロクロモジ
オオバクロモジ

久万高原町ではケクロモジ、ウスゲクロモジが9割ほどとのこと。

ちなみにyuicaのクロモジはオオバクロモジから精油を抽出しているそうです。

もちろん精油の香りもクロモジの種類によっても違うそう。

5/29に上浮穴高校の生徒によるクロモジの蒸留実演が行われました。

残念ながら私は行くことができず。

クロモジの香りの違いを体験してみたかったです。

あと、サミットではクロモジのお茶も試飲させて頂きました。

クロモジがふんわり香り後味はやや苦味が残る感じでした。

久万高原町の野草で作られたハーブティーも販売されており、これからの久万高原町の取り組みに注目ですね。

全国ハーブサミット in 久万高原!

image

行ってきました。

目的はyuicaの生みの親、稲本 正 氏の講演を聞くこと。

yuica認定日本産精油インタープリターの講座を受講したときから、稲本氏の講演会を聞いてみたいと思っていましたが大阪など都会での講演会が多く行けていませんでした。

まさか地元愛媛の久万高原町でお話しが聞けるなんてビックリです。

講演会は1時間ほどでした。

yuicaインタープリターの講座で勉強した内容もでてきて改めて勉強になりました。

またyuicaの精油を製造している飛騨高山の森は稲本氏が住み始めたころは荒地だったそうです。

少しずつ植林をし森を手入れすることで現在の豊かな森になっそうです。

これから人は自然と共存していく必要があり、森を手入れし生態系を豊かにしていくことが大切なことを改めて実感しました。

ちなみに、人はただ呼吸をするだけでも1人あたり16本の樹木による光合成が必要になります。

そして現代の文明的な生活では376本も必要なんです。

いかに二酸化炭素をたくさん排出しているかが分かりますよね。

この点からも森林を守り共存していくことの大切さが分かります。

私もできることから始めていこうと思います。


先日、友人の息子ちゃんに虫除けスプレーを作って欲しいと依頼があり。

最近、よく蚊に刺されると。

小さい子は外で遊ぶことが多く蚊に刺されやすいのかな。

友人と一緒に虫除けスプレーを作ってきました。

今回は使用した精油

・翌檜(アスナロ)
・ゼラニウム
・シダーウッド

出来上がった虫除けスプレーは優しい香りのものに仕上がり、母の優しさを感じましたね。

息子ちゃんが蚊を気にせず元気に外で遊べるといいな。

※ ご希望があれば虫除けスプレー作りもできますのでお声かけください。

今日はいい天気でしたね。

前から企画していた青空のもとヨガをしてきました。

場所は堀之内。

木陰を探してヨガマットをセッティング。

ヨガの先生がいるわけではなかったので覚えているポーズを数種類しました。

が...ほとんどお喋りをして過ごし、お昼は自作のお弁当をいただいた次第。

お喋り!女子ってとまりませんよね。

松山城を眺めながらのんびり過ごした時間はなんとも心地の良い時間でした。

梅雨がくる前にもう一度青空ヨガをしたいな。

  image

大好きだった場所を離れることにしました。

私はある事がきっかけで海のトリコになりキレイな海を求めて住む場所を決めたくらい。

初めて見たときに透明度の高さに驚いたことを今でも覚えています。

また、いつか帰ってきたい場所ですね。

みなさま 芳香療法 sayori 小川店 をご利用いただき誠にありがとうございました。

本日をもって閉店とさせていただきます。

今後は余戸店のみの営業となります。

これからも 芳香療法 sayori を宜しくお願い致します。

image

このページのトップヘ