芳香療法 sayori 〜自然と共に生きる〜

日本の森から生まれたyuicaの和精油とライスキャリアオイルを使ってアロマトリートメントを行っています。

2015年10月

先日、月1の日曜市がある松山中央青果市場に友人に誘われ行ってきました。

思ってたより人が多くて驚きましたが野菜や果物も安くてさらにビックリ!

みなさんも機会があれば行ってみてください。

日曜市に行った後はサロンでトリートメントを受けて頂いきました。

和精油は前回ご利用時と同じものを選ばれており、今回はさらに姫小松を加えてブレンドさせて頂いきました。

姫小松にはネロリドールというステキな成分が入っており女性のホルモンバランスを整えると言われています。

トリートメント後は小腹がすいたのでドイツパンのお店 cafe Bluhen(カフェ ブリューレン)さんに行ってきました。

サンドとハーブティーを注文。

サンドがめちゃくちゃ美味しかったんです。

パンだけを買いに来るお客さんも多く人気のお店なんだなと思いました。 

image

 

サロンの名前の由来について。

サロンをするにあたり日本の物を大切にしていきたいという思いから和精油とライスキャリアオイルを中心にトリートメントを行っていこうと考えていました。

また、サロン名も日本を意識して漢字を使いたくて “ 自 然の恵みの精油を使って本来そなわっている 自 然治癒力を 佐 けるお手伝いがしたい” という思いを込めて佐自(sayori)と名付けました。

ちなみに、自分の名前にも 佐 が入っており  佐 =たすける  という意味があることを最近、教えて頂く機会があり親しみを込めてこの漢字に決めたのです。

昼間はまだまだ暖かいですね。

今日はyuica認定日本産精油インタープリターの修了テストを受けに梅田に行ってきました。

全力を尽くしたので後は結果を待つのみです。合格してますように...

テスト後は以前お世話になったアロマの先生がみんなのうえん祭りというイベントに出店していたためちょこっとお邪魔してきました。

久々にお会いして話したいことがたくさんあったのですが帰りのバスの時間があったので泣く泣くお別れをして帰りました。

今度はゆっくりお話ししたいものです。




今日、yuica認定日本産精油インタープリターの受講最終日でした。

全12回の講座は終わってしまえばあっという間でした。 

担当してくださった先生がまた面白い方で授業中に眠くなるってことが一度もないくらい楽しかったです。

受講の中で感心したのは昔の人は理にかなった生活をしていたことです。

・ヒノキの葉っぱは抗菌効果があるため魚や肉の保存のために下にしいていた。
・アスナロはシロアリなどを寄せ付けないため建築の材料にも重宝されていた。
・ミズメザクラの樹皮を張ると肩こりにいいという木こりの言い伝え。

昔はそれぞれの葉っぱや木の成分は分からないのに適材適所に使い分けていたと言うあたり本当にすごいことです。

私もこれから和精油を適材適所で使い分けて生活に取り入れていきたいと思います。

さて、来週はいよいよyuica認定日本産精油インタープリターの修了テストがあります!

あと一週間、猛勉強せねば!

今日は松山で地方祭がありました。

仕事帰りにJR松山駅でお神輿と遭遇!

地方祭


大人神輿はさすが迫力があります。

地方祭の時期になるといつも金木犀の香りがどこからともなく香ってきます。

私は金木犀の香りをかぐと子供の頃の地方祭を思い出します。

お祭りが好きでお神輿をかつぎたくてしょうがなかったあの頃...

※お神輿は男の子しかかつげなかったので ...

香りで昔のことを思いだすってステキですね !



 

このページのトップヘ